トゥルク

ハメーンリンナ

ハメーンリンナヘルシンキから電車とバスを乗り継いで1時間半。最大の見どころは14世紀初頭に建立されたハメ城(Hämeenlinna)ですが、同地には様々な「顔」があります。内陸部ではフィンランド最古の都市だけに、それも当然かもしれません。

有名な観光ポイントであるハメ城にしても、周囲の軍事関連博物館を訪ねればフィンランドに対する認識も大きく変わるでしょう。教育・文化都市としての名声の高い側面を見るなら新市街中心部へ。大作曲家シベリウスの生家ではその片鱗に触れることができます。

さらに少し足を延ばせばフィンランド秘蔵の村、Hauhoがあります。1500年代に建立された教会を中心に、美しい家屋が広がります。フィンランド人も観光で訪れることはありませんが、誰もが知っているという不思議な場所。ハメーンリンナには様々な顔があるのです。
 

●コース概要

9:00 ヘルシンキ中央駅発(電車)
10:30 ハメ城~各種博物館
13:00 市内でランチ
14:00 シベリウスの生家
15:30 バスでヘルシンキへ
17:00 カンッピ・バスターミナル着(解散

料金 3万2000円
行程 8時間
概要 古城とシベリウスの生家を訪問

ハウホ教会

●ハメーンリンナの見どころ

ハメ城

アウランコ(後述)

シベリウスの生家

パロラ戦車博物館

ハウホ教会

イーッタラガラスセンター 

ハットゥラ聖十字教会

監獄博物館

●夏場ならクルージング(30分~8時間)やアウランコでのハイキング、クリスタル製品で有名なイーッタラの工場見学を組み込むこともできます。

(いずれも追加オプション)

料金

往復交通費

ハメ城・シベリウス生家入場料
 

問合せ

 

 

アイノラ

アイノラフィンランドを代表する作曲家、ジャン・シベリウスが現役をほぼ引退してからの50年あまりを過ごした終の棲家がアイノラ(Ainola)。愛妻の名前に由来する同地はシベリウスの心を癒す安住の地となりました。

豊かな田園と広大な湖に囲まれた一帯はシベリウスだけでなく著名な小説家や芸術家をも魅了し、近辺に彼らも続々と自宅を建てるようになりました。芸術村の誕生です。昨今は一般住宅の新築が増えていますが、その理由は同地を訪れれば納得できることでしょう。

シベリウスファンの聖地といえる住まいは旧来の姿を見事に残し、楽器類が展示された自宅はもとより、サウナや果樹園も当時のまま。中庭のお墓参りも欠かせません。
★内部見学ができるのは5~9月に限られます。
 

●コース概要

9:30 ヘルシンキ中央駅発(電車)
10:00 アイノラ駅着
10:30 自宅内見学スタート
12:20 ヘルシンキへ(バス)
13:00 カンッピ・バスターミナル着(解散)
帰路も電車利用の可能性もあります

料金 1万5000円
行程 4時間
概要 シベリウスの終の棲み処を見学

料金

往復交通費

施設入場料

アイノラ案内

問合せ

 

 

アウランコ

アウランコハメーンリンナ駅からバスで15分の距離にあるアウランコ(Aulanko)は、30年の歳月をかけて整備された人工公園。海外を含む各地から集めた木々や人造湖も、着工から百数十年を経た今、元来の自然に溶け込み、独特の景観を呈するに至りました。

富豪の贅を尽くした保養所としてスタートしただけにあって、周辺は観光リゾート施設として発展。とはいえ同地は国有の自然保護区域なので乱開発されることなく、旧来の森林と新たな造園とが見事な調和を保っています。

公園内散策は約2時間程。水鳥が戯れる人造湖を横目に森林浴を続け、高さ33メートルの展望台でハイライトを迎えます。ここから見おろすヴァナヤベシ湖はまさに絶景。ヘルシンキから1時間半圏内でこれだけの景観を臨めるるのはここだけでしょう。
 

●コース概要

9:00 ヘルシンキ中央駅発(電車)
11:00 自然公園内散策開始
13:00 リゾート施設でランチ
14:30 ハメーンリンナ駅発(電車)
16:00 ヘルシンキ戻り

料金 2万8000円
行程 7時間
概要 自然に溶け込んだ人工公園を楽しむ

 ヴァナヤベシ


●夏季(5~8月)はハイキングスタート地点まで船(シルバーライン)を利用することもできます(別料金)。

 

問合せ