ガイド・フィンランド  ガイド・フィンランド

とってもフィンランド

路上の落とし物

おおむね日本の常識が通用するフィンランドにも、やはり異なる習慣はあります。ちょっと戸惑うのも旅行の楽しさですが、事前に知っておけばスムーズに行動できるのも事実。トリビアというほどのことではありませんが、そんな事例を集めてみました。

 改札口がない

海外の鉄道駅には改札口がないことも珍しくありませんが、フィンランドでは徹底しており皆無です。地下鉄乗り場にはそれらしきものもありますが、切符を持っていなくても構内に入ることはできます。
鉄道駅なら全く開放的。写真下左はちょっと郊外、右はヘルシンキ中央駅ですが、プラットフォームに仕切りはありません。ロシア行の国際列車にも乗り込むことさえできます。その後は大変なことになるでしょうが、仕組みとしてはこうなっているのです。

鉄道駅

  横断歩道はゆっくり渡る

横断歩道を渡るとき、信号があればそれに従うのは当然ですが、信号機がない場合はゆっくり堂々と渡りましょう。車は100%停まります。「ゆっくり」というのは、「これから渡りますよ」という意思表示をするため。いくらなんでも飛び出したら車だって停まれませんからね。また、歩道から少し離れて車が停まるのを待っていると、「渡る意思なし」と思われるのでしょう。運転手のほうから進んで停止することはありません。で、車が停まると日本人なら「あ、どうもスイマセン・・」と小走りになるでしょうが、外国人(フィンランド人に限らない)は、のんびり・悠々、「車が停まるのは当然」といった態度で歩いています。中にはサンキューって感じで会釈する人もいますが、どちらかというと少数派かな。
いずれにせよ、横断歩道で車が停まるのはフィンランドの常識。こればっかりは日本人も学んでほしいところです。なんらの環境改善、法的整備など必要なく、今すぐに実行できることなのですから。

横断歩道

  車は右側、さて人は?

日本であれば車は左側通行、人間は右側というのは常識ですね。フィンランドでは車が右側なので、じゃあ人は左側・・・というわけではありません。歩行者はどちらを歩くのか。即答できるフィンランド人はあまりいないので、機会があったら聞いてみると面白いですよ。さて、実際には歩行者はどちら側を歩けばいいのか。正解は「内側」です。
下の写真。左側が車道(車は右側通行)。真ん中が自転車レーン。そして右端が歩行者用。車道を基準にしてみると、自転車レーンが外側(車道寄り)、歩行者要は内側ということができます。ヘルシンキ市内ではほとんどの道が3種類に分けられています。つまり広い意味での歩道が自転車用と歩行者用に区別されており、歩行者は内側を歩くことになっています。なお、エレベーターでは右側に立ちます。いわゆる「大阪方式」いうやつでんねん。

道路区分

自転車は自転車用、歩行者は歩行者用レーンを使うのが常識とされているため、うっかり自転車用レーンを歩いていると罵声を浴びせられることも珍しくありません。それは歩行者の落ち度かもしれませんが、信号待ちをする場合、うっかり自転車レーンに入り込んでしまうことがあります(写真下左)。こんなとき、猛スピードで突入してくる自転車もいるので要注意。自転車に乗っている人々は、なぜか彼らに最優先権があると考えているようです。車は横断歩道でまちがいなく停まりますが、自転車はその限りではありません。

自転車道路

  お店では客も働く

アパートメント・ステイで自炊する人はもとより、スーパーで生鮮食品(果物なんか)を買うことがあるかもしれません。コレ、ちょっと厄介なんですね。
パック詰めでバーコードシールが貼ってあれば問題ありませんが、バラ売り野菜・果物・調理パンなどは自分で計量機にかけて値段シールを貼らなければなりません。商品棚には値段(キロ当たり)と商品番号が示されています。たとえバナナなら「1.35 13」なんて書いてあります。これは「キロ当たり1.35ユーロ(安い!)、商品番号は13」という意味。そこで客はバナナ(等)を写真のような計量機にのせ、番号を押す。すると値段シールが出てくるので商品に貼ってレジに向かうという運びになります。
フィンランドの一人当たりGDPが高い=生産性が高いというのはこういう事情もあるのです。多くのレストランや喫茶店も同様ですが、客もまた働いているからなのですね。

スーパー買い物

  なかなかユニーク

トイレのカギ

2000年以降(曖昧)目にすることがなくなりましたが、ヘルシンキ市内の有名レストランで遭遇。トイレのドアのレバーです。
トイレに限らず、現在ではおそらく99%のドアにはレバーとは独立した「カギ」があることでしょう。しかしこの店は90年代初期の仕組みを継承。レバーとカギが一体化しています。
個室に入ってドアをロックしていないのが写真下左。ロックする場合はレバーを縦に(右回転)します。これは言われなければ分からないでしょうねえ。ちなみにトイレ内の電気は消しておくのがデフォルト。ドア脇にスイッチがあるので、入室時に点灯していても、使用後は消すのが基本マナーといえます。

  やっかいな休日

ちょっとなじみにくいのがフィンランドの休日。クリスマスや正月は毎年同じ日ですが、中には移動祭日というものがあります。復活祭(イースター)を例にとると「春分を過ぎて最初の満月の直後の日曜日がその日」とされている。「諸聖人の日」なんてもともとなんのことだか分からないので、さらに混乱。で、祝日にはお店や観光地がほとんどクローズするうえ、交通機関もダイヤ変更あるいは運休となるので要注意です。現実にはまずないだろうが、クリスマスイブにちょっと郊外に出たら帰れなくなる・・なんてことも考えられます。事前によく調べておきましょう。

クリスマス

2019年の祝日は以下の通り。 ※印が移動祭日

1月1日  元旦
1月6日  公現祭
4月19日 聖金曜日※
4月21~22日 復活祭※
5月1日  ヴァップ
5月30日 昇天祭※
6月9日 聖霊降臨祭※
6月22日 夏至祭※
11月2日 諸聖人の日※
12月6日 独立記念日
12月24~26日 クリスマス

  アイスホッケーは国技

アイスホッケー日頃はスポーツには関心がないような人でも、アイスホッケーだけは別物。アイスホッケーが嫌いなフィンランド人は、カレーが嫌いなインド人のようなものです。むべなるかな。アイスホッケーはフィンランドの国技。そしてフィンランド・チームは世界5強の一つですから。

歴史的経由も加味され、対スウェーデン戦となると、もう暴動が起きてもおかしくないくらいに国中が熱狂します。スウェーデンも強豪ですが、僅差でフィンランドが勝る? といったところでしょうか。なんてことを生半可な知識で語るのは危険なんですが。

アイスホッケーのW杯もしくは対スウェーデンとの世界選手権などは元老院広場に巨大なスクリーンをたてて放映するのですが、そんな場所でアイスホッケーを批判でもしようものなら、ただでは済まないでしょう。なにしろ観衆のほとんどが酔っぱらっていますし。

アイスホッケーでフィンランド人が激するというのはメタファーで、F1、ラリー、スキージャンプその他にも共通しています。察しの良い人にはフィンランド人の国民性がわかることでしょう。

 

to top