ヘルシンキのホテル

目的に即したベスト・ホテルを選ぼう

ユースホステルから高級ホテルまで。ヘルシンキでの宿泊先は選択肢が幅広いだけに、何を基準に決めたらよいかで悩むこともあるでしょう。そこでホテル選びの参考になる基本事項をまとめました。特定のホテルを紹介するものではありません。

立地条件

ホテル選びの要因である立地条件は、ヘルシンキではあまり気にする必要はありません。街自体が小さいうえ、トラム(路面電車)やバス、地下鉄といった公共交通機関が発達しているため、ホテルの位置が観光の利便性に大きく影響することはないからです。「海が見えるホテルがいい」「24時間営業のスーパーが近くにある場所」などの希望があれば区域も絞られますが、一般観光の起点としては、ホテルの場所がどこであっても不便を感じることはないでしょう。

翌朝の出発が非常に早い、といった事情が無い限り、駅や港近くのホテルを確保する実利性は少ないと言えます。ヘルシンキのホテル選びは、場所ではなく、宿泊についてのイメージと予算がポイントになります。

タイプ

・(ユース)ホステル 

若者なら似たもの同士の旅行者との交流を図るのによいでしょう。ユースホステル文化の変貌は世界共通なのか、フィンランドでもシングル、ツインなどのやや高級志向が進んでいます。
オリンピックスタジアム内に設けられ、ドミトリータイプの代表格だったホステル・スタディオンは閉鎖。

ユーロホステル

・アパートメントタイプ 

家具・食器類つきなので、自炊・洗濯が自由にできます。
2~3人での短期間の利用だと特別に安くつくわけではありませんが、暮らすように旅をしたい人や子連れの家族旅行で他人に気を使いたくない場合には好都合。鍵の受け渡しに若干とまどうかも。

アパートメントタイプ

・ホテル 

いわゆる”ホテル”。説明の必要もありませんが、あえて記せば「朝食込、24時間の受け付け態勢。スタッフは旅行相談にも乗ってくれるし、セキュリティも万全」といったところでしょうか。最近は滞在を楽しむスペースの演出に力を注ぐ傾向に。それを特化させたのがデザインホテル、ブティックホテルなどと呼ばれるタイプで、年々人気が高まっています。
値段に応じて施設水準が変わるのはもちろんですが、ホテルとしての基本サービスはほぼどこでも一定の高水準をクリアしているので安心です。サウナ、無料Wi-Fiは基本装備ですが、アメニティグッズ(シャンプー、歯ブラシ等)はかなり差があるので持参したほうが吉。

ホテルヘルシンキ

・クラス 

フィンランドには客観的なホテルの格付け基準がないので、4つ星、5つ星等の評価は、ガイドブックなり紹介者の恣意的な感想にすぎません。星の数での評価をスターレートといいますが、その発案者であるミシュランも今のところフィンランドのホテルの格付けはしていません。とはいえ誰もが5つ星と認めるであろうホテルもあり、老舗のカンプ、2009年にオープンしたハヴェンが両巨頭。これらを頂点に、いわゆる4つ星、3つ星などに続きますが、その基準はあいまい。なぜホテルAが4つ星なのか。どうしてホテルBとCが同ランクなのか。釈然としないこともしばしば。

パークホテル

価格

フィンランドにはいわゆる”安宿”はありません。ユースホステルも昔のドミトリー(大部屋)スタイルは影をひそめ、シングル、ツインルームが主流。3人部屋なら一人3000円くらい(食事なし)で泊まれますが、一人旅だと6000円ほど。朝食を追加すると最安値ホテルと同等の値段になってしまいます。フィンランドのユースは経費節約というより、海外の若者と交流したい人向きのようです。
ホテルの値段は宿泊の時期、いつ予約するかで大きく変わりますが、二人部屋で一泊一万円が最安値、一万5000円~なら選択肢も増える、というのが一応の目安。上限はカンプの最上級スイートで一泊40万円くらい。

ホテルロビー

予約

世界的規模でホテルの予約代行をしているサイトで申し込むのがやはり一番安くあがります。宿泊予定日前日までキャンセル料無料というコースを選ぶと、若干割高になるものの安心。サイトにより、支払い通貨(円建てかユーロ払いか)により、また予約時期により値段は変わりますので、こまめにチェックしましょう。
ネット予約に際しては口コミを参照するでしょうが、あくまでも個人的に「たまたま」良い(悪い)体験をした、という書き込みがほとんどですから、相当数の人々が類似の指摘をしていないかぎり、あてにはなりません。
ネットである程度の候補を絞っても決めきれない場合には、各ホテルを継続的に見ている当社にお問い合わせください。

フィンランドの旗