ガイド・フィンランド  ガイド・フィンランド

 ヘルシンキ中央駅入門



 とりあえず覚えておけば安心

空港への行き帰りやホテル探しの拠点になるので覚えておけばとりあえず安心。100年を超す駅舎の内部を見るだけでも価値があるでしょう。構内にはカフェ、ファーストフード店、スーパーマーケットやパブもあります。さすがに首都の中央駅だけあって、他の都市では見られない充実さです。電車に乗るときに利用するのはもちろんです。



ヘルシンキのアールヌーヴォー建築の代表的なもの。エリアル・サーリネン(E.Saarinen)、1914年の作品。その後修復作業が加えられ、実際に使い始められたのは1919年から。鉄道自体はヘルシンキ⇔ハメーンリンナ間が1862年に開通。
近郊列車はもとより、タンペレ、トゥルク、ロヴァニエミなどへの長距離列車も、すべてこの中央駅が起点。モスクワ、サンクトペテルブルクへのロシア行き国際列車も発着します。全国的にキップ販売は機械まかせにシフトしていますが、長距離列車の切符は構内の販売所を利用できます。両替所が平日なら夜9時まで開いているのも便利です。



トラム乗り場に面しているのが正面入り口。木製の重たいドアを開けると目の前に待合場所が、その右手には両替所のForexがあります。ガイド・フィンランドのツアーは、この待合場所(写真・中央)から始まることもしばしばです。



待合場所のベンチの奥は地下鉄等に続くエスカレーター。その左手には長距離旅行用の切符売場。その中にはツーリストインフォメーションもあります。正面入り口をまっすぐ進めば、列車の待つプラットホームに。その入り口頭上には発着列車の時間とプラットフォーム番号が示されています。



駅舎構内を抜けてすぐ正面のプラットフォーム(5~10番線)はロシア行きを含む長距離列車用。
右奥の1~4番線がヴァンター方面、左側奥の11~19番線はヌークシオなどのエスポー方面への近郊列車用です。空港行き列車は乗り場の両端から発車しており、I列車が右、P列車が左となっています。どちらも所要時間に大差はないので、ホテルの場所に応じて選びましょう。
エスポー方面は長距離用路線の左側を奥に進みます。左手の建物には各種店舗、地下にはスーパーマーケットもあります。
ヘルシンキに限らず、フィンランドの鉄道駅には「改札口」というものがありません。したがって1日24時間、いつでもプラットフォームに入ることができます。ま、電車が運行しているかどうかは別問題ですが。
また、電車のドアは閉まっていますので、乗車時にはドア中央にあるボタンを押し、自分で開けなければなりません。

to top