ガイド・フィンランド  ガイド・フィンランド

トラム入門

ヘルシンキトラム 
早朝から深夜まで。ヘルシンキ市内を縦横に走るトラムは移動の足として便利なものですが、はて、どうやって乗るのか。どこから乗るのか。初めての街なら、戸惑うのも無理ないことですね。そこで一番わかりやすいトラム乗り場のご案内、乗り方を説明します。

 乗り場

ヘルシンキトラム1
空港から電車かバスでヘルシンキ中央駅に着いた場合、まずはトラム乗り場がどこにあるかで迷うかもしれません。そこで、電車から降りたらとりあえず人の流れに沿って前進しましょう(写真上・左)。外に出ると左手に駅舎が見えます(写真上・右。P列車利用)。ここもそのまま前に進み、中央駅の正面入り口を目指します。

ヘルシンキ中央駅

少し進むと右手にバス停、その奥に中央郵便局があります。一方、電車を降りて駅構内を進むと正面入り口に突き当たります(写真上・右)。長距離路線の切符売り場、地下鉄に続くエスカレーターなどがあります。ここから外に出ると、堂々とした駅舎が目を引きます(写真下)。トラム乗り場はその前です。

トラム乗り場

ヘルシンキ中央駅正面
路線を渡って全体像を見る

 乗り方

トラム乗り方

車内にはどこから入っても構いませんが、ドアはすぐに閉まるのが常です(写真上・右)。その場合、ドア中央にある丸いボタン(赤・青・緑があるが、どれでもよい)を押して自分で開けます。なお、キップは乗車前に買っておかなければなりません。キップに関する全般的な情報はこちらを参照してください。

トラムの乗り方・ヘルシンキ

 降り方

現実的には各駅停車(まず間違いなく乗り降りする人がいる)ですが、基本的には下車する停留所の手前で車内にあるSTOPボタンを押して意思表示する必要があります。トラムが停まれば通常は自動的にドアが開きますが、ちょっとのんびりしていると閉まることもありますので、その場合は上記に準じ、開閉ボタンを押してください。

 路線

市内を縦横に走るトラムは観光の強い味方。かなり離れたポイントでも、トラム+徒歩15分くらいで行けます。そのルートは交通局のサイトで見ることができますが、路線図をインフォメーションセンターで入手しましょう。地図としての利用価値はありませんが、交通ルートは頻繁に変わるので、ガイドブック等で対応できない情報を得ることもできます。 
トラムの運行時間は路線により、また曜日により異なりますが、おおむね午前6時から午後11時まで。午前2時くらいまで動いている路線もあります。一般的な旅行者視点だと「起きている時間はトラムも動いている」と考えていいでしょう。
乗り場には次のトラムが何分後に来るかを知らせる電光掲示板があり、おおまかな目安にはできますが、あと2分で来るはずのものがいきなり20分後になったりすることがあります。これはいったいなんなのでしょう?         

to top