ガイド・フィンランド  ガイド・フィンランド

地下鉄の乗り方

ヘルシンキの地下鉄

  赤地に白抜きMマークを探そう

ヘルシンキ在住なら当然すぎて疑問にも思わないが、観光客はとまどいがち、ということはよくあります。その一つが地下鉄。まず、駅がどこにあるのかがわからず、さらにはどうやって乗ればいいのかに迷うようです。一般の電車トラムに続き、地下鉄の乗り方について説明します。

まず地下鉄への入り口ですが、ヘルシンキ中央駅なら正面入り口を背にして右50メートルくらいの場所にあります(写真下左)。構内を進む場合、正面入り口に出る手前(写真下右)に地下鉄乗り場に続くエスカレータ=があります。

ヘルシンキ中央駅地下鉄乗り場

いずれを経由してもまずは地下一階で一息。スーパーマ=ケットやファーストフード店などが並びます。実際の乗り場はさらにもう一階下。エレベーターを乗り換えて潜っていきます。写真下右はハカニエミマーケットの入り口。
ハカニエミ地下鉄

地下鉄乗り場につながる長い長いエレベーターの前には、強いて言えば「改札」があります。といっても写真下左のようなチケット読み取り機だけですが。キオスクなどで
クレカ状のチケット(一回券、デイチケット)を購入した場合には、ここでの読み取り作業を忘れないようにしてください。写真下右はホームから見上げたもの。非常に深いところを走っています。
ヘルシンキ地下鉄チケットリーダー

中央駅周辺に限らず、地下鉄乗り場に続く入り口には赤地にMを白抜きした目印があります。「この辺に地下鉄駅があるはずだが」と思ったらそのマークを探しましょう。

ヘルシンキ地下鉄目印

ソコスデパートの角にも地下鉄への入り口が。右下もMマークですが、黄色いので地下鉄でないことがわかりますね。

ヘルシンキ地下鉄

「地下鉄は危ない」といわれる国や都市もありますが、ヘルシンキでその心配はありません。仮に被害にあったとしても、それは地下鉄だからではなく、たまたま犯罪者がそこにいた、ということです。なお、たいていの地下鉄構内には無料トイレがあります。しかもホームに降りる手前にありますので、困ったときは地下鉄駅に行ってみるのも手です。
ヘルシンキ地下鉄路線図
ヘルシンキの地下鉄は同一路線のピストン輸送で、東西両端では行き先が若干ことなりますが、そこまで(たとえば上図右側での分岐点以降)行くことはまずないはずです。一般的に訪れるのは路線図のほぼ中央のRautatientori(中央駅)を基点に、左側(西方向)6つ目のAalto-yliopisto(アールト大学)、右側(東方向)のHerttoniemi(マリメッコのアウトレットがある)まででしょう。
停車前にはフィンランド語とスウェーデン語とで駅名がアナウンスされます。中央駅は例外で英語を交えた3か国語。まずフィンランド語でRautatientori、続いてスウェーデン語でJärnvägstorget。最後に英語でCentral Railway Stationといった具合です。

to top