ガイド・フィンランド  ガイド・フィンランド

ヘルシンキ周辺で使うキップ

  キップには二つの形がある

公共交通機関のキップには様々な種類がありますが、旅行者がヘルシンキ周辺で利用する一般的なものは二種類。レシート状(写真下・左)とクレジットカード・タイプ(厚紙)がそれ。バスの運転手から直接、もしくは自動販売機で購入した場合は前者、キオスクなどで事前購入すると後者のタイプになります。値段、有効時間に両者の違いはありませんが、クレカタイプ(事前購入)の場合、乗車時にカードリーダーに読み取らせた時点から有効時間がスタート(使い方説明は別ページ)。自動販売機で購入した場合はその時点から秒読みが始まります。

レシート状
  
キップレシート状  

運転手から、または自動販売機で買った場合
クレカ・タイプ

クレカタイプ  

キオスクなどで買えるタイプのデイチケット。有効期間は1~7日の間で選べる。一回券もあり。

 有効期間を確認する

キップを買うには、まず有効区間を理解する必要があります。首都圏はヘルシンキを始めとして8つの市で構成されていますが、HSL(首都圏交通機関)はこの地域をA・B・C・Dの4つに分け、それぞれに必要なキップの種類を定めています。まずは区分の概要をごらんください(クリックで拡大)。

電車区分s
図を見ればわかるように、ABのキップではCもしくはD区域には行けない、ということです。
近郊列車および地下鉄路線も示された詳細図は以下の通りです。

区分2s

これは詳しすぎてむしろ混乱するかもしれません。ヘルシンキ(周辺)観光で現実的に必要なのはABもしくはABCをカバーするキップだけと断言できるので、最初の概要図でおよその感覚をつかんでおけば十分です。
そこで、ABおよびABCの有効地域と注意点を記しておきます。

ABの有効地域
ヘルシンキ市すべてとヴァンター、エスポーの一部をカヴァー。ヘルシンキ空港は区分外。

ABCの有効地域
ヘルシンキ市、ヴァンター市、エスポー市すべてで有効。空港への往復にも使えます。

購入例

・空港から市内のホテルへ  ABC
・ヘルシンキから隣町エスポーのアールト大学へ  AB
・ヘルシンキからヌークシオ国立公園へ  ABC

 観光にはデイチケットが便利

キップを買うには、さらに有効期間を選びます。
おおまかには2種類。80分(ABCは90分)有効の1回券(kertalippu=ケルタリップ)と、1日(24時間)から7日(168時間)の間で選べるデイチケット(vuorokausilippu=ヴオロカウシリップ)とに分けられます。使い始めから24時間以内に3回以上乗るならデイチケットがお得。乗れば乗るほど割安に。仮に値段的にはトントンであっても、購入の手間を考えるとデイチケットを選んだほうがよいでしょう。
なお、1回券でも有効時間(たとえば80分)であれば乗り降りは自由。バスからトラム、トラムから地下鉄へ、と乗り換えることができます。

有効時間の「80分」というのは、その時間内に降りろというわけではなく、最後の乗車が有効時間内であればOKということです。したがって現実的には80分以上の乗車も可能です。

 1枚のチケットでなんにでも乗れる

1回券、デイチケット、いずれも首都圏の公共交通機関すべてに有効です。すなわち、バス・トラム・地下鉄・近郊列車・スオメンリンナへのフェリーに乗れるわけです。

主なキップの値段
キップの値段は有効エリアにより、また買い方により変わりますが、自動販売機購入する大人料金は以下の通りです(単位:ユーロ、2020年8月現在)。
17歳未満は子供料金(半額)。

種類 AB ABC
一回券 2.8 4.1
一日券 8 11
二日 12 16.5
三日 16 22
四日 20 27.5
五日 24 33
六日 28 38.5
七日 32 44

●キップの買い方

 

to top