スーパー和食

フィンランド、料理入門

まず、タイトルを吟味していただきたい。「フィンランド、料理入門」である。「フィンランド料理」入門ではない。フィンランド料理が必ずしもまずいわけではないが、あえて作るほどの魅力はないので、そんなものに入門してもしょうがないのだ。そうではなく、食材はもちろん調理用具も環境も異なるフィンランドで自炊する工夫を実践に基づいて記していくのが趣旨である。

ここで紹介するのは「スーパー和食」。これ、10年くらい前から冗談で言ってたんだけど、昨今では「理想的な健康食としての日本食」という意味で認識されているのですね。それには異論もあるが、話が長くなるので割愛。本項でいう「スーパー和食」というのは、フィンランドの全国どこにでもあるスーパーマーケットで入手できる身近な食材で作る和食、和風料理のこと。

ヘルシンキには純日本製品を扱う専門店もあるが、それらの食材を使えば簡単に日本食ができるのは当たり前なので同店での買い物は除外。また、帰国の際に買ってきた、来訪者の土産にもらった、など、在フィン日本人なら誰しもなにがしかの純国産材料を持っているだろうが、それらの使用も基本的には除外。どこのスーパーでも買える食材を活用して、なんとか和食(風)を作ろうではないか、というのが「スーパー和食」の主旨である。

いっぽう、エスニック食材店で扱っている日本(風)食品の使用はよしとする。最近は地方都市にもその手の店が増えているので、比較的簡単に入手できるからだ。やはり多少の融通はきかせないと、ある程度の満足が得られないからね。とはいえ、仮にそんなものがまるでなくても、知恵と工夫でなんとかして和食(風)を作り上げるのが「スーパー和食」の趣旨である。
現在はスシ関連の食材をけん引力に日本食材(風)の商品が全国で入手できるので、それらを利用すればそこそこの和食ができる。そんなヒントをまとめていく。これらの工夫はフィンランドに限らず、日本食材の入手が難しい国で応用できることはいうまでもない。ホンジュラス(例)ではこうしてます、といったアイデアが寄せられることを切に望む。

メニュー

何分、材料が極端に限られているし、同じ素材(たとえばネギ)にしても日本とフィンランドのそれは激しく異なる。そこでスーパー和食のメニューは、ご飯を炊いたら「和食」、醤油をたらせば「和風」という柔軟な考えが基本スタンスになる。また、ハンバーグステーキ、カレー、ラーメンなど、本来は外国産であっても、日本での日常食、家庭料理であればすべて「スーパー和食」の範疇になる。日本でカレーを食べるとき、「今日はインド料理だ」と思う人はいませんよね。元祖とは大きく姿を変えたカレーやラーメンを和食ととらえることに違和感はないだろう。逆にいうと、そうした輸入もの和食こそ、フィンランド(海外)では味わえないものだったりする。これらも「スーパー和食」のメニューとなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする