都市観光一覧

ヘルシンキはアールヌーヴォー建築の意外な穴場

大聖堂からエスプラナーで、青空市場を通ってウスペンスキー寺院へ。ヘルシンキ中心部観光のゴールデンコースですが、ほんの少し足を伸ばせばフィンランドを代表するアールヌーヴォー建築群を楽しむことができます。詳しい解説書があればそれに越したことはありませんが、気ままに歩くだけでも発見があるはず。

ヘルシンキから手軽な日帰り旅行ならポルヴォーがイチオシ

ヘルシンキからバスで片道一時間。小京都とでもいえるポルヴォーは手軽な日帰り観光に最適。歴史を感じる旧市街には多種多様な土産物店、レストランがあるほか、新市街はその姿を年々大きく変え続けています。海辺に続くハイキングコースもまた一味違った魅力を備えています。実はムーミンの故郷だったりもします。

事前登録が必要だが、シティバイクは観光客でも使える

ヘルシンキの市内観光トラムが便利な足なので、あえて自転車を利用するメリットは少ない。しかし、シティバイクが気分転換になるのは間違いない。ヘルシンキのほぼ全域、エスポー西部を合わせて300か所以上のステーションがある。ヴァンターでの拡張はこれから、という段階だが一般観光エリアではないので心配無用。

音楽が聞こえてくる光の教会

ミュールマキ教会ほどの知名度はありませんが、同様の「光の教会」がここ、グッドシェパード教会。フィンランド語ではHyvän Paimenen Kirkko(ヒュヴァン・パイメネン・キルッコ)といいます。行き方は単純ですが、バスの乗車時間が約30分。下車場所に悩む可能性があります。

ヘルシンキ近郊で使うキップについてのおさらい

ヘルシンキ空港から市内のホテルまで、あるいはヌークシオ国立公園のある隣町にも出かける場合、滞在日数分のリジョナルチケットを買うのが賢明です。モバイルアプリやシングルチケットを組み合わせると数ユーロを節約できる可能性もありますが、手間を考えるとそれだけの意義があるかどうか・・・。

ハイキング帰りにエスポーで遊ぶ

ヌークシオ(ハウッカランピ)の行き帰りの拠点となるエスポー中央駅周辺には、穴場的観光ポイントも豊富。その象徴は大聖堂ですが、なにげない裏道にも600年近い歴史に裏付けられた魅力を発見できます。ハイキングにプラス2時間の寄り道を楽しんではいかが?