ヘルシンキから手軽な日帰り旅行ならポルヴォーがイチオシ

フィンランドで2番目に古い街は、最新モデルタウンでもある

ヘルシンキから直行バスで1時間弱。手軽に日帰り旅行を楽しむならゼッタイおすすめのポルヴォーですが、意外と情報が少ないことに気づきました。某有名ガイドブックでの紹介は見開き2ページだけ。それでは二の足を踏むかもしれませんので、ポルヴォーへの行きかたを紹介しましょう。「難関」といえるのはバスに乗るまでですので、そこに重点をおいて説明します。

まずはカンピ・バスターミナル(Kamppi)に向かいます。中央駅からまっすぐ3分。大きな広場を有したショッピングモールの正面入り口が見つからないことはありません。観光スポットとして人気の定着した木造礼拝堂は、正面入り口(写真上)の向かって左側にあります。

ポルヴォーをはじめとする長距離バスを利用するには、礼拝堂とは逆方向。ショッピングモールの右端から入っていくのがベスト。中央入り口からでも行けますが、近郊バスの乗り場と混乱する可能性があるので、それは避けたほうが無難です。

右端から建物に入ると、目の前にエスカレーターがあります。それを下った正面にインフォメーションセンターを兼ねた切符売り場があります。その左右がバス乗り場です。
ヘルシンキ⇔ポルヴォー間を行き来するバスは4社が運営しており、およそ10分間隔で出発していますから、時刻表を気にする必要もありません。切符売り場で「次のバス」といって買えばよいでしょう。

往復券を買うと、帰りもその会社のバスに乗らなければならないので、復路時刻の自由度が若干制限されます。とはいえ、Porvoon Liikenne Oy というバス会社ならポルヴォーからも20分おきに出発するので、たいして困ることはないはずです。往復切符の割引はありません。
キップを購入した時に、ポルヴォー発の時刻表ももらっておきましょう。

カンピからおよそ55分から1時間10分で、ポルヴォーのバスターミナル(リニヤアウトアセマ=linja-autoasema)に到着します。所要時間は会社によって異なります。ポルヴォー・バスターミナルが終点とは限らないので、ちょっとした注意が必要です。まず、運転手には「ポルヴォー・センターに行きたい」旨を伝えておくとよいでしょう。「ポルヴォー・センター」などという場所はありませんが、意味はわかるはずです。
ポルヴォー半日ガイドの詳細はこちらをご覧ください。

また、自力でも努力してみましょう。カンッピ出発後50~60分すると大きな川を渡ります。そのとき左手にポルヴォーのトレードマーク、赤塗の倉庫街が見えてきます。橋を渡り切ったらまもなくバスは右折。バスターミナルに停車します。小さなマーケット広場が目印。ここまでの間の停留所でも一人~二人と降りる人がいますが、カンピを出て初めての「バス乗り場」と言える場所なので、見落とすことはないでしょう。出発後、50分くらいしたら神経を集中させればOKです。

バスターミナルがあるのは新市街。観光のメインとなる旧市街はバス通りを挟んで反対側(北)になります。旧市街を一通り歩くだけならランチをはさんでも4時間もあれば十分でしょう。朝9時に出れば午後3時にはヘルシンキに戻れます。もっとも、ポルヴォーにはカワイイ雑貨屋さん、アンティークショップ、味わい深いカフェなどが目白押しですし、新市街にも見どころが多いので、じっくり味わうには現地に6時間いてもあきないでしょう。

アンティークショップを何気なく案内する飾り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする