真夜中の虹:Ariel

哀しくもおかしい初期名作

原題 Ariel
監督 Aki Kaurismäki
製作 1988年 73分
出演
Turo Pajala   (Taisto Kasurinen)
Susanna Haavisto  (Ilmeli Pihlaja)
Matti Pellonpää  (Mikkonen)
Eetu Hilkamo  (Riku)

Turo Pajala演じるKasurinenが投獄されるいわれはなかろうに、と思えるシーンで始まるが、それをいっちゃ映画にならない。いや、むしろ不幸に不幸が重なっていくのがポイントなんだろう。さて刑務所でMatti Pelonpää登場。進行にぐっと深みが増してきます。二人は脱獄の計画を練る。そこでマッティ演じるMikkonenn曰く。
「俺は今37歳。あと8年の刑期を満たせば43だ。ま、だいたいそんなもんだ」。これは笑いどころでしょうか?ミッコネンの性格がわかるシーンでもあります。
その後も不幸は重なり、ミッコネンはあっけなく死亡、カスリネンには希望の灯火を感じさる中で終わる。カウリスマキ作品は暗く、悲惨な話が多いのだが、あらためて見直してみるとおしなべて最後に希望を託していることに気づく。「マッチ工場の少女」にしてもそうだ。

監房のシーン。フィンランドの刑務所はホテルみたいなもの、と言われるのも納得。映画用の特別セットではない。

本作には別のエンディングもあったそうだ。犯罪者三人が乗り込んだArielが座礁するというもの。そういう展開もアリエル、よな。というか、結末がドン底のほうが面白かったかな、と個人的には思う。たとえばMauri SariolaのLavean tien lakiみたいなの。これは小説だけど、不運な弁護士がさらに不幸になっておしまい、というもの。夢も希望もないところにフィンランドの個性を感じる。まあ本作がその方向になると、前述した「希望の光」、カウリスマキの特性が無くなっちゃうんだけど。

個人的な感想を加えると、子役が印象的。ハリウッド映画の名子役とはタイプがまるで異なり、あくまでも自然。マッティ・ペロンパーの控えめな演技ですら過剰に思えるほどの淡々とした振る舞いが妙に現実的だ。

ところで原題のArielというのは、シェイクスピアの戯曲「テンペスト」に登場する空気の精霊、あるいはヘブライ聖書に記された「神のライオン」に由来する。いずれにしてもよくわからないが、最後に出てくる船の名前だ。したがって邦題はまるでかけ離れている。

これはディズニーの「リトルマーメイド」(1989年)のヒロイン、アリエル。

ラストシーンに流れるReijo Taipaleの歌うSateenkaaren tuolla puolen”(原曲Over the rainbow)からの連想なんだろう。本作の日本公開は1990年。レニングラード・カウボーイズでカウリスマキの名前も知られ始めたころだが、一般的にはまだまだ無名(今もか?)で、命名者も本作をどう扱ってよいのかわからなかったのかもしれない。しかし、原題とはまるでかけ離れているとはいえ、最後にほのかな希望をみせる内容を暗示するタイトルではないか。センスがいい。

*Over the rainbowは「オズの魔法使い」(1939年)の挿入歌で、邦題は「虹の彼方に」。